銀の匙 SILVER COLLECTION
銀製品のお手入れ方法について
〜銀と仲良くして頂く為に〜
銀は、空気中の硫化水素や亜硫酸ガスなどに反応し、銀表面に硫化銀を形成します。これが銀が“黒くなってしまった・・・”といわれる状態です。

変色は止める事が出来ません。しかし、簡単な方法で銀の持つ輝きを取り戻す事が出来ます。
その第一歩は大切にしまいこまず、どんどん使ってあげる事です。その中で、ほんの少し『お手入れ』という愛情をそそいであげて下さい。
使用していく時間の中で、銀製品は深みを増し、一層の輝きを増してくれます。
愛情を込めた分だけ、銀はお返しをしてくれるのです。
 日常のお手入れ 
1. ご使用後は、銀専用のクロス(布)で汚れを拭き取ります。汚れを取り去るだけではなく、ツヤだし、錆止めの効果があります。汗をかいてしまった時は、中性洗剤で洗い流し、よく乾かしてからクロスで拭いて下さい。残った水分は変色の原因になります。
2. (1)のお手入れでは落ちにくい黒ずみや、細いチェーン等の洗浄には液体のクリーナーが簡単です。
液体での洗浄後にも、クロスでの仕上げが効果的です。
*歯磨き粉でのお手入れは、研磨剤などの成分により、銀を傷つける恐れがあります。銀専用のお手入れ品をお薦めします。
*銀製品の仕上げや加工方法によって、洗浄方法は多少の違いがあります。
ご心配な点など御座いましたら、お問い合わせ下さいませ。
銀の匙では、お手入れ用のクロス・クリーナーなども取り扱っております。詳しくはこちらをご覧ください。
 保管方法 
しばらくご使用にならない銀製品は上記のお手入れをして頂いた後、出来るだけ空気に触れない様にしてしまってください。ジッパーのついた小さなビニール袋などお薦めです。
 銀製品と相性の悪い物 
温泉(入浴剤の成分に硫黄分が入っていないか気をつけて…)
ゴム製品
レモン(酸)
卵黄
ボンド(宝石箱など注意!!)
銀はとてもやわらかい金属です。無理な力を加えたりせず、優しく扱ってください。
そして末永く、お手元に置いて頂けますように…。
前のページに戻る
銀の匙について 銀のお手入れ方法 リンク
Copyright (C) 2007 GRAPESTONE Co.,Ltd.All Rights Reserved.